低血圧症状の特徴は慢性的にその症状が続く事です。原因や症状を知って低血圧を改善しましょう。

低血圧症状

低血圧とは【症状と特徴】

低血圧は生活習慣病

低血圧の原因には遺伝的な体質的要因が大きく関係しています。また、様々な生活習慣の問題が関与して低血圧を発症させます。
低血圧を放置することは、様々な疾患発症の土台を作ることに繋がりますので、そうならない為にも、低血圧をコントロールする知恵を身につける事が大切です。

低血圧の症状

1
めまい
2
頭重
3
ふらつき
4
立ちくらみ
5
脱力感
6
意欲の低下
7
手足の冷感
8
足のむくみ

低血圧の代表的な症状一覧

上記症状以外にも、低血圧の症状として【動悸】【息切れ】【吐き気】【便秘】【下痢】【発汗の減少】【肌荒れ】【爪がうすくなる】【性欲の低下】【皮膚に網状青斑があらわれる】【肩こり】【ささいな運動での筋肉痛】などの症状が起こる場合もあります。

低血圧症状の特徴

低血圧症状の特徴は、低血圧の症状がつづく事になります

辛そうな女性低血圧の症状は一部を除き、救急医療の対象になることがない疾患です。この【低血圧】では症状が続く事が特徴になるため、強い症状でなくとも辛く感じ、また同時にいくつかの症状が続くため、苦痛に感じている方も多いと思います。脳や内臓や皮膚が十分に血流をもらえないために血圧が低ければ、からだのさまざまな臓器へ流れる血流が十分ではなくなります。低血圧の症状のうち、めまい、頭重、立ちくらみ、意欲低下などの症状は、脳へ流れていく血流が少なくなることが原因で起こる低血圧です。脳が活動するだけの血流を十分にもらえないために様々な症状が起こります。ほかの臓器も同様です。胃や腸への血流が少なければ、胃腸のはたらきが鈍ります。消化不良、下痢、吐き気などを引き起こします。皮膚へ血液が少なるなると皮膚の温度は下がります。このように血圧が低くなったり、血流が悪くなる事により、結果として様々な低血圧の症状が引き起こされます。

低血圧の原因

低血圧の発症には、遺伝的体質が関係します。低血圧は遺伝的体質が特徴になりますが、当然、低血圧には生活習慣も関係します。
例えば、

このような生活習慣の結果、心臓の力が弱くなり、末梢に静脈血(汚れた血液)が貯留して(精脈うっ血)、全身の血液循環が悪くなり、低血圧が発症します。さらに、血液循環が悪くなる事により、様々な全身的な症状が出てきます。

低血圧と貧血の違い

低血圧と貧血はよく混同されてしまいますが、低血圧と貧血は違う病気です。疲労感、立ちくらみなど、たしかに疾患の症状はよく似ていますが、原因は全く違います。

貧血

貧血は血液の中の赤血球が減ってしまうことです。そのため、血液が流れても薄いため、全身の細胞に十分な酸素や栄養を送り込むことができません。その結果、疲れやすいとか、ふらつき、めまいなどの症状が出てきます。

低血圧

低血圧は、なんらかの理由で血液循環が悪くなった状態を言います。例えば、心臓のポンプ機能が低下してしまったり、末梢に静脈血が貯留してしまっていることが原因です。その結果、血液の循環状態が悪くなり、全身の細胞に十分な血液が送れなくなってしまいます。

低血圧と貧血について

貧血も低血圧も、どちらの場合も身体の各細胞にとってはエネルギー不足、酸素不足を引き起こしますので症状はよく似ていますが、原因が全く異なります。低血圧と貧血の原因が異なる以上、治療法も当然異なります。ただし、思春期は貧血を起こしやすい年齢でもあり、低血圧を起こしやすい年齢でもあります。さらに、低血圧患者さんに貧血が合併することも少なくありません。そのため総合的な診断と治療が必要です。

低血圧の基準について

低血圧とは、最高血圧が100~110mmHg以下、最低血圧が50~60mmHg以下の状態です

低血圧を改善法

低血圧を改善するひとつの方法として、【ウォーキング】【ストレッチ】などの軽い運動を行う事があげられます。低血圧だからと運動を避けてしまうのではなく、無理の無い程度に軽く運動をすることも大切です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ


がんサイト集

子宮がん

【子宮がん症状と検診】子宮がんには、子宮頸がん、子宮体がんの2つがあります。症状や、検診の違いや、症状を知るためのサイトです

卵巣がん

卵巣がんの基礎知識や初期症状など、卵巣がん専門サイトです

乳がん検診

乳がん検診、セルフチェックを行い、乳がん早期発見を心がけよう。【乳がん検診.com】は、乳がんの専門サイトです

肺がん初期症状

肺がんの初期症状や、たばこの害など、肺がんと、たばこの害の関係や、肺がんの治療法などの専門サイトです

RECOMEND

冷え性改善

冷え性を改善する為には、原因と対策を知る事が大切。冷え性は様々な病気の原因でもあります

貧血

貧血,症状と対策の為の専門サイト【貧血net】は、貧血原因や症状など貧血に関する幅広い情報を提供しています

今月の栄養

リポ酸

リポ酸には、ビタミンCやビタミンEの効果を高める効果があり、高い抗酸化作用があります。リポ酸は体内で生成されますが、年をとるとともに充分な生成量は望めないため、年齢とともに食品から接収することが理想です。リポ酸を含む食品にはレバーや酵母が上げられます。